2018年03月24日

人の良いところが見えてくる……デキる人がデキる理由



こんばんは。音色塾上級会員のあさいです。
d.gif

「なぜあの人はあんなにデキるのだろう……」
そう感じる人に出会ったことはありませんか。

話し方やコミュニケーションについて
体系的に学ぶことで初めて見えてくるものがあります。


●いいところに気づけた!

仕事ができて、人当たりが良くて、年下から慕われる、
「人徳が高い」という言葉が似つかわしい年配の方にお会いしました。

コミュニケーション能力が高いことが理由で、
人から信頼を得ているのだとわかります。

「さては、音色塾の会員!?」と思ってしまうくらい、
いま私自身が勉強していることを自然体で体現しているんです。
どこで習ったのかしら……。

デキる人がどこかで勉強したのかはわかりませんが、
わかったことが一つ。

音色塾が「コミュニケーション能力が高い人は、当然のようにできている原理原則」
というものを、体系的にわかりやすく指導してくれているのだと思います。

コミュニケーションの勉強をしていなければ、素敵な人に会っても
「この人すごい」「別世界の人」と思うだけでした。

でも勉強してきたからこそ、「なぜこの人がデキる人なのか」
「何がデキるのか」そういうことが見えてきました。

学び続けると、見える世界が変わるのが「コミュニケーション」ですね。

いいところに気づける能力も高まるのだと、実感しています。

★大人のコミュニケーション術を学ぶ

★小学生・中学生のためのコミュニケーションスクール――言いたいことが伝えられるようになる!

* * *

あさいなつこ

日本発声協会認定1級ボイストレーナー
音色塾(発声指導者養成機関)上級会員
posted by bird at 23:23| ●モテ声を教えてくれる教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

余裕を感じさせる話し方……間を使いこなす



こんにちは。音色塾上級会員のあさいです。seki-thumbnail2[1].gif

最近、よくみかける鳥がいます。
図鑑で見るとセキレイ科の鳥に似ていて、のんびりしているんです。
近づいても逃げない。しばらく、フフフンと鼻唄が聞こえそうなくらいのんびりして、
歩いてきた人がギリギリ接触しそうになると、ててててて……と歩いて少し移動。
少し心配になるくらいゆったりしています。

このゆったりした時間は話し方でいえば「間」に通ずると思いました。


●相手のための「間」

「早口になってしまう」という悩みがありますが、
「間」があると、相手は聞きやすいんです。

「間」を十分にあけられる人は、相手の理解が追いつくまで「待つ 」ことができる。
だから余裕も感じさせます。

言いたいことをたくさん持っていると、
チャンス到来、とばかりに早口で走り抜けてしまうんですよね。

私も年長者と話す機会には、いつも相手が間をあけて待ってくれていることに
気づくようになりました。年下の私がついてこれるように。
または、私が早口で走りがちな時には、質問を入れたりしながら「間」を作ってくれる。

こうして「待つ」ことを、まわりの方が教えてくださっているんだなと、
ありがたく思うようになりました。

コミュニケーションを学ぶ前には気づけなかったことです。

しっかり学んで「間」をマスターしたいですし、
せめて自分が年長者と言える場では相手を待つことができるように
していきたいなと思いました。

★大人のコミュニケーション術を学ぶ

★小学生・中学生のためのコミュニケーションスクール――言いたいことが伝えられるようになる!

* * *

あさいなつこ

日本発声協会認定1級ボイストレーナー
音色塾(発声指導者養成機関)上級会員
posted by bird at 06:22| ●モテ声を教えてくれる教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

どこにこだわりを持つか――気持ちいいコミュニケーションのこだわり



こんばんは。音色塾上級会員のあさいです。
2014-11-13T18_44_29-1-thumbnail2[1].jpg
コンビニでおにぎりを買うとしたら、どの具にする?
そんな話題で大いに盛り上がりました。


●「シャケに決まってる!」

年上の方のためにおにぎりを買ってくることになったんです。

「具は何にしましょうか。シーチキンがいいですか?」
と言ったら目の色を変えて、相手が言いました。

「コンビニのおにぎりといったら、シャケ、たらこ、に決まってるでしょ!」

賛同する人とそうでもない人といると思いますが、
この発言にみんな和みました。

自分のこだわりをどこで強く出すか、そのバランス感覚って大事ですよね。

例えばこれが生き方に対する信条だったり、
仕事の進め方に対する想いだったり、
時間という観念に対するこだわりだったりすると、
もしかしたら誰かとぶつかるかもしれません。

でも、今回はおにぎりの具……そこでムキになるから
みんなほんわかできるんですよね。

こだわりは誰にでもあると思います。
その持ちようによっては摩擦の一因になる。

コミュニケーションを気持ちよく、明るく、進めていくには
変わっていくこと、やわらかく構えること、相手に合わせること、
そういう点に自分のこだわりを置けたらよさそうです。

★大人のコミュニケーション術を学ぶ

★小学生・中学生のためのコミュニケーションスクール――言いたいことが伝えられるようになる!

* * *

あさいなつこ

日本発声協会認定1級ボイストレーナー
音色塾(発声指導者養成機関)上級会員
posted by bird at 23:59| ●モテ声を教えてくれる教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。